無駄毛の自己処理の危険性とは

気になる無駄毛は、カミソリなどで自己処理をしがちです。しかし、長く自己処理を続けていると肌トラブル他様々な問題が出てきます。
自分で行う自己処理の方法には、カミソリで剃るとか、毛抜きを使って抜く、あるいはワックスなどを肌に塗る方法もありますし、無駄毛を溶かす方法や、ガムテープのようなテープで、無駄毛に貼り付けて一気に剥がして抜く方法などがあります。
カミソリで剃る方法が一番行われているようですが、カミソリの刃を肌に当て剃ると気をつけていても肌の表面を傷つけてしまいます。
カミソリ負けで赤くなったりかゆみが出たりする他、カミソリ負けで肌の潤いをなくして乾燥肌になってしまう人もいます。
さらに困るのは、埋没毛を起こしてしまうことです。カミソリで毛穴を傷つけてしまうと傷ついた毛穴同士が癒着してかさぶたになり、毛穴を塞いでしまいます。
毛穴が塞がれた毛は皮膚の表面に出ることができずに皮膚の中に埋まり、埋もれ毛になるほか、皮膚を突き破って毛穴ではない別の所から皮膚の表面に出てくることもあります。
そして困るのは、長い間剃ることを続けていると、太くて色の濃い無駄毛になってしまうことです。
毛抜きでの自己処理は痛いのと、無駄毛を抜き取ることで肌を守る力が働いて毛穴が塞がって皮膚に無駄毛が埋まり、埋没毛になる危険があります。
また、脱毛ワックスや脱毛テープでの自己処理も、肌に負担がかかりすぎて、肌荒れがしたり脱毛テープでの自己処理は肌が鳥肌のようになってしまうこともあります。
自己処理でのトラブルを考えれば、永久脱毛はおススメといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *