永久脱毛の定義について

永久脱毛とは、毛が生えてくる毛根や毛乳頭をレーザーなどでダメージを与えて毛が生えてこないようにすることです。
永久脱毛とは、一度脱毛すると全く体にムダ毛が生えてこないと思われがちですが、しかし、永久に生えてこないわけではありません。
医療機関やクリニックでの医療脱毛が永久脱毛という表現を使うことを許されていますが、意外なのは永久脱毛の定義がないことです。
そこで、アメリカの基準に従っているようですが、脱毛の手術をして1ヶ月後に20パーセント以下しか毛が生えてこなければ、永久脱毛とされています。
つまり、永久脱毛の定義は脱毛をしても全く毛が生えてこないということではないのです。
理論的には50年経っても毛が生えてこない脱毛を永久脱毛と呼ぶそうですが、ただ、永久脱毛が始まってから、20年そこそこしか経ってないので証明されたわけではありません。
医療レーザー脱毛なら永久的な効果があるとされていますが、実際には毛の1本1本をニードルで抜いていくニードル脱毛の方がより効果が高いようです。ニードル脱毛はエステサロンでもできますが、医療機関やクリニックでの施術をおススメします。医療機関やクリニックならあまり痛みが強いときは麻酔をかけることもできますし、もしもの時安心です。
しかし、ニードル脱毛は、強い痛みと料金の高さで敬遠されがちです。
永久脱毛は、毛根の乳頭を破壊するということで肌も傷めるようなイメージをもっている人もいますが、それは逆です。
毛穴の皮脂や汚れまでキレイになるので、毛穴が整ってキレイな肌になれるのです。
キレイな肌にするために顔の産毛の脱毛など、永久脱毛を受ける人も増えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *